ヒマヒマエオルゼア

本業はクラフターなんですってば。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

4.1になってLハウス買いました

ffxiv_20171103_01.jpg

時代はパッチ4.11だかで、絶バハムートの攻略も佳境なのか終盤なのか分からないものの、
配信は大いに盛り上がって何時何処がワールドワーストになるのかどきどきしながら観戦する日々ですよ。

ええ、私は絶とかやりませんけどね。攻略法だの動画だのが出てもきっとやらないだろうなあ。
最先端でギミックを自身で考えながら少しずつ先に進めるのは本当に凄いと思います。


そんな訳で。

パッチ4.1が来たその時は、最初に土地を買っておりました。

個人宅が実装されてからずっとラベンダー8区10番のSハウスに住んでいたのですが、
住めば住む程大きな家に住みたいと思っていまして。特に引越が実装されたらLハウスが欲しいと思っておりまして。
最初はMサイズでも良いかなって思ってたのですが、実際に見に行ってみたら、やっぱりMじゃなくてLが良いなと。

4.1実装後、あまりにも速攻で各サーバのLハウスが完売したのを受けたのか、
Lハウスを個人で買うなんて、もっと集団で利用する人のために個人ではLは買えないようにするべきだ!
なんて声もあったようなのですが、それこそFCなんですから、メンバー複数人に45Mずつ持たせて人海戦術で
土地を買うようにすれば、個人よりよっぽど高確率でハウスが買えたのでは?と思っているので、
個人でLは買ってはいけない、みたいな意見は好きじゃないのですが、サーバによっては色々あるようでして。
そういう意味では、シロガネが買えなくても三国行けば(パッチ当日なら余裕で)SML選び放題だった村って良いな~とか何とか。

それに、FCだけがL土地を買えるようにしてもですね、FCハウスはミスト5番のLサイズなのですが、
FCハウスを個人で全部を好きにする権利なんて当然無い訳ですよ。
となると、Lハウスを全部自分の自由にしたいのなら、当然自分でLサイズの個人宅を買うしかない訳でして。


そして迎えたパッチ4.1。
サーバーが開く直前に、ログインがままならないくらい重くなって落とされてしまって、
このまま出遅れてしまうかなと思っていたのですが、どうにか19時丁度くらいにはログインする事に成功し、
まずは何となくクガネの港前土地リストで空いていた10区に飛んで30番の土地を買おうとすると、
現地に着いた頃にはすでに土地が買われており、あわてて茜雲桟橋まで戻って30番が空いている区を探して飛んで、
土地がまだ買われていなかったので、

ffxiv_20171103_09.jpg

無事購入しました!

SサイズからLサイズに引越なので、割引なんてあってないようなものですが、それでもよく見たら50万ちょっとくらいは
割引されている・・・!嬉しい。w
夕日の眺めは30番より拡張街の60番の方がスバラシイなんて後から聞いたりもしましたが、
(後日見に行きましたが確かに60番の方が景色が良いです)
もうほんとそんなの選んでいる余裕が無いくらいには30番60番を始め、シロガネのLサイズとMサイズは
速攻売れてしまったのではないでしょうか。

私も後からSSを見返したら、この家を買った時間が19:02となっていて、その時点ですでにもうといった状態だったので、
村鯖だからと言って油断しなくて良かったなあとしみじみ。
尚、村だけあってその後数日はシロガネSが残っていた模様。
11月3日時点でもゴブレットビュート限定ですが、MとSサイズの土地、結構残っていてびっくりですよ。
(そこら辺はさすが村・・・)

ffxiv_20171103_02.jpg

何となくそうだったかな?と思って後から確認したらここは4区でした。とかそのくらい夢中でした。w
引越をすると、ある程度前に住んでいた家の情報が引き継がれるようで、
外壁と屋根は4エリアでそれぞれ紐付けされているのでしょうか、自動で対応の外観の家が建ち、
内装も、1階と地下は前のSハウスにあった天井照明、内壁、床がそのまま移動されておりました。

で、意外にもフォルタンマナーの内壁や、Lハウスにそれ敷いたらちょっと派手かもしれない
トリビュナルフローリングと言ったイシュガルド様式全開のままでもいけそうだったので、
これらをベースに家具を置いていく事に。

ハウジングスナップだのツイッターだのを駆使して良さそうな内装を片っ端から参考にしまくって、

ffxiv_20171103_04.jpg

イミテーションオブ・ロングウィンドウを並べまくったり、
(いやあ、ほんと今回実装の窓は何もかもスバラシイ・・・。ステンドグラスは使い道無くて使用を断念しましたが。)

ffxiv_20171103_05.jpg

1Fは絶対壁で仕切らないであの広さをそのまま生かす!と決めて、大正モダンなお屋敷の玄関か、
クラシックホテルのロビーっぽくしてみました。
最初はホテルオークラ東京(ベイじゃない方)か赤坂迎賓館の游心亭か京都迎賓館みたいなのを目指していたのですが、
構築途中でハウスに立ち寄られた方に奈良ホテルだーって言われたので、じゃあそういう方向にしようかなって。

ffxiv_20171103_06.jpg

とは言え一応コンセプトはホテルではなく個人の邸宅のつもりなので、1階は来客用に開けた感じにはしつつも、
2階と地下はプライベートな雰囲気にしてみました。そして設置数400を限界まで使い切りました。

ffxiv_20171103_07.jpg

結論、私のセンスでは400では全然足りませんでした・・・。もっとあれもこれも置きたい。

ffxiv_20171103_08.jpg

地下がまだまだもっと色々置けるんだけど置きたいんだけど!とかそんな状態。
ハウジング難しいですねー。もの凄いハイセンスな画像が日々ツイッターなどに上がっていますけれど、
ほんとセンスある人凄い・・・。
 
関連記事
スポンサーサイト
【 2017/11/03 (Fri) 】 FF14その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

梅花黄蓮

Author:梅花黄蓮
FF14:Ridill鯖双蛇
シロガネ4区30番地
梅花黄蓮とCoptis Quinnquefoliaは
日本語かラテン語かの違いで
どちらも同じ意味なのです。

↓参加しました↓


FF14ブログランキングへ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
訪問者数
Copyright
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.  
------------------------------------- このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。